TEL:0120-29-8890


薬膳ハート 関先生

食べ物の『陰陽』とは?

体を冷ます食品と、体を温める食品

食べ物には体を温める「陽性」の食べ物と、体を冷やす「陰性」、どちらにも属さない「中性」の食べ物があります。昔から旬の食べ物には、冬は身体を温める陽性の食べ物、夏は身体を冷やす陰性の食べ物と、季節に応じて利にかなった食材があります。両方の良い所をバランス良く取ることが大切です。

陽性の食品

食べ過ぎると、陽性体質になり、血液が濃い状態ですので、高血圧、不眠症、ヒステリーになり易くなると言われています。

・大根などの根菜類 ・ごぼう ・天日塩 ・しょうが ・にんにく ・たくあん ・こんにゃく ・塩辛 ・梅干し ・納豆・そば・ねぎ ・人参 ・山芋 ・蓮根 ・みそ ・醤油 ・イカ・タコ・ナマコ・カキ・小魚・川魚・ハム・卵 ・羊肉 ・豚肉 ・鶏肉 ・貝類 ・チーズ ・赤身の魚 ・ソーセージなど

陰性の食品

主にカリウムの高い野菜や果物です。野菜は健康に良い・・・と考えて食べ過ぎると陰性体質になり、冷え性の原因になります。

・大豆 ・豆腐 ・豆乳 ・お茶 ・紅茶 ・お酢 ・砂糖 ・牛乳 ・のり ・なす ・海藻類 ・わかめ ・こんぶ ・トマト ・ピーマン ・じゃがいも・緑黄色野菜 ・うどん・アボガド・キャベツ・コーヒー ・精製油 ・スナック菓子 ・チョコレート ・アイスクリーム・砂糖・アルコール・ジュース・添加物・タバコなど

中性の食品

真ん中の性質を持つ食品で、代表的なのは玄米です。緑茶は陰性食品ですが、三年番茶は中性商品です。食べてもどちらかに偏ることがありません。

玄米・かぼちゃ・ごま・りんご・イチゴ・さつまいも

冷え症の方は、できるだけ陰性食品を避け、陽性と中性の食品を摂るように心がけるとよいようです。陰性の食品である野菜は、ゆでたり、炒めたりと熱を加えることで、体を冷えにくくすることができます。

コラムトップに戻る▲