TEL:0120-29-8890


薬膳ハート 関先生

中医の言葉にある教訓

「春は生じ、夏は長じ、秋は収じ、冬は蔵する」

現存する中国最古の医学書  黄帝内経 (※) の中に季節の対処法の記述があります。何千年も前から蓄積された経験によって、季節の対処法が分かっていました。
※黄帝内経…(こうていだいけい)は、中国医学のおよそ2千年間の歴史において、根本をなす経典のような書物です。人体のしくみ、人はなぜ病にかかるのか、それをどうしたら治せるか、病にかからないためにはどうすべきか が書かれています。

春は肝臓を

春は自然界も温かくなり、 陽気 (※) が高まってくる季節です。春は一番肝臓機能が高まりやすい時期です。この時期に不規則な生活や食生活の乱れで肝臓に負担をかけてしまうと1年を通じて胃腸や肝臓機能が弱い状態が続いてしまいます。
※陽気…季節が暖かくなると自然界から力を受け身体の中の 気 が高まってくる中医学の考え方。

夏の対処法 >>